【美容室で使ってる商品が購入できるサイト】

美容室で使用しているスタイリング剤やワックス、ブラシやドライヤーなど

これから商品を増やしていきますのでチェックして下さい。

ブログでは使い方などを詳しくアップしていきます。

気になる商品がございましたら上記のサイトからご購入下さい。

正しいパッチテストのやり方

正しいパッチテストのやり方を説明

パッチテストをする際に用意するものは染めようと思っているカラー剤だけでOKです。

実際に染めるカラー剤を用意して下さい。

用意する量はほんとに極わずかで大丈夫です。

1剤と2剤をしっかりと混合した物を塗布していきます。

塗布していく場所はこちらです。

パッチテスト

腕の内側です。

なぜ腕の内側かと言いますと比較的皮膚が薄い箇所になり、荒れやすい部分でもあります。

腕の内側で問題なければ頭皮に塗布しても問題ないということです。

大きさは10円玉ぐらいの大きさを薄く延ばすようにつけていきましょう。

パッチテスト

これではつけすぎになりますので薄く10円玉ぐらいに延ばしてくださいね!

つきすぎた場合はティッシュなどで余分な部分でふき取ってください。

パッチテスト

このぐらいの感じがベストな塗布量となります。

パッチテスト

ほんのり白く丸い部分がわかりますよね。

このぐらい薄い感じで大丈夫です。

このまま30分放置してください。

何かを被せたり、手を洗ったりして塗れないようにお願い致します。

30分経って問題なければこのまま放置します。

もし、痒みが出たり発疹が出た場合はすぐに洗い流して下さいね。

30分も経てば乾燥していますのでどこかにつくことは少ないですが色味によっては衣類や部屋のどこかについてしまうことがありますので気をつけて下さい。

このまま48時間放置します。

さすがにお風呂に入ったりしますので、濡らしたりは仕方がありませんが洗剤などでこすったり、なるべく湯船にもつけないようにお願い致します。

ここで注意が必要なのは

なにかでカバーしないこと!!

よく、絆創膏などでカバーしてしまいがちですが体温が上がり炎症を起こす可能性もありますのでなにも被せず自然放置で様子をみて下さい。

では48時間経った状態がこちら

パッチテスト

全く炎症も起きておらず、何もなっていませんね。

この場合でしたらカラーをしても問題ありません。

逆に

赤くなっていたり、腫れたりしている場合はカラーは控えて下さい。

カラーの成分であるジアミンによるアレルギーの可能性が高いです。

頭髪を染めた際にも炎症が起こる可能性が高いです。

なぜパッチテストを毎回しなれけばいけないのか?

頭髪に限らず、アレルギー反応はいつ発症するかわかりません。

花粉症で例えるとわかりやすいですね。

皆さん今年は大丈夫かなとビクビクしています。それと同じでカラーのアレルギーも前回は大丈夫でも今回が大丈夫という保障はありません。

全く同じカラー剤でも体調やコンディションによってアレルギーが発症することは十分に考えられます。

手間ですが必ず毎回パッチテストを行いましょう。

パッチテストでわかるアレルギー反応

ジアミンというカラーのアレルギーをもっている方がパッチテストを行うと、

かゆみ・発赤・発疹・腫れなどの症状が表れます。

酷い方の場合は薬剤をつけた箇所より大きく反応がでることがありますので、パッチテスト中に少しでも違和感を感じた際はこすらずに水でやさしく流して下さい。

30分で反応みるは理由は

即時性のアレルギーをみるためです。かゆみや発赤・蚊に刺されたような腫れなどがあらわれます。このような異常があらわれた場合はすぐにパッチテストを中止して洗い流して下さい。

48時間で反応をみる理由は

遅延型のアレルギー反応のチェックです。遅延型は48時間後に強いアレルギー反応がおこるアレルギーとなります。即時型と同じで発赤や発疹などの症状があらわれます。このような異常があらわれた場合もすぐにパッチテストを中止して洗い流して下さい。

パッチテストを行わなかった場合

めったにあることではないのですが、どうしようもないぐらいアレルギー反応が出て倒れてしまった場合でも薬剤メーカーは保障してくれません。

アレルギー反応はそば粉アレルギーの方がそばを食べてしまったら命を落としてしまう可能性があるぐらい怖い症状です。

カラーの場合は口に入れるわけではないので命を落とすとまではいかないですが、カラーをしてアレルギー症状が出ているのにそのままにしておくと肌が発疹などであれてしまうだけではなく、発熱などの症状まで出る場合もあります。

トラブルを防止するという意味でもパッチテストは必ず行うようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする